Let's create へようこそ!

3Dプリントの注意点


設計したパーツは迅速に作られるため、以下の流れで設計データを確認ください。

①製品の用途によって物性表を照らし合わせた上、素材を選定ください;

②各素材の板厚の限界値をチェックしたうえ、作ってほしいパーツの板厚を設定してください;

③もし中空の形状であれば設計上貫通穴を考えたほうがいいです;

④もし細いボスのあるパーツであれば設計上ボス部の肉厚の限界値を考慮しなければなりません;

⑤もし凸凹のような微細部(文字など)が見えるパーツであれば幅と高度の最小限界値を問い合わせてからサイズを変えてください;

⑥もし細かい角のあるパーツであれば角度の最小限界値を問い合わせてから角度を設定ください;

⑦もしデータ1式には部品何個も入っているなら、部品同士の隙間の最小限界値を問い合わせてから隙間のサイズを設定ください;

⑧もしねじ形状がついてるパーツであればねじ山の角度やピッチは最小限界値以上を設定ください;

⑨もしかなり小さな穴ばかりあるパーツであれば穴径と深さは最小限界値以上にしてください、詳細について問い合わせください;

⑩もし設計したパーツは形状が複雑であれば、普通のパーツより値段が変わることをご了承ください。

見積もりの金額は90900円に超えたら、担当者にお問い合わせください。

上記の注意点を納得頂ければ製造効率もさらに上がれます。