Let's create へようこそ!
newsbanner

3Dプリント素材なら、どれか自動車産業に向き合えますか?

掲載先:let's create 2017-08-09 アクセス人数:223


小ロット部品試作メーカーとしてのRPSは自動車車体に対しての補足設計と試作サービスを長年提供していてこれまで吉利、広汽、GMC,北汽、江鈴、東南、柳汽と取引した実績があり、社内では産業用ハイエンド3Dプリンターは何台も保有している、RPSの各支社のキャパシティーを集中して多く自動車メーカーのモック品の試作に協力して迅速にアイデアを形にするから、さらにクライアントの競争力を強めます。

現在、3Dプリント技術は自動車新品のモックアップ製作、内外装の改造、性能テスト及び勘合テストにはよく使われている、そして自動車の設計開発と製造の各段階で3Dプリント技術も役に立ちます。




3Dプリント技術は自動車製造に利用される:

1、多種多様な素材を部品開発に試して特に量産時の素材で使った試作品を

2、テストする場合、開発サイクルは大幅に短縮できます。

3、内外装部品のオーダーメイドでも簡単に実現できます;

4、固定治具、検査治具製作には部品少量化させて流れも短くなれます;

高精度のフルカラープリントを使うと色、表情を活気に表します。

どのプリント素材は自動車製造に向き合えるか?

1、ABSーインジェクション成形の素材の95%相当、硬度も靭性もあるので大型試作品を作るなら理想的な選択肢です、

2、ASA-加工性能は板材に似合う、紫外線に強い、自動車外装パーツの製作には適用です、

3、PC-ABSーPCのような強度とABSの靭性とも共有し、取付を繰り返すことは可能です、

4、ナイロンー全体的には強度、靭性、耐衝撃のほう、何回も勘合テスト繰り返せるし、運動テストにも耐えます。

もし貴方は自動車設計開発にはどのプリント方式や素材が向き合えるか分からなければぜひ検討依頼をさせていただきます、一緒に自動車関係の設計を改善するため、提案しましょう!