Let's create へようこそ!
casebanner
  • 民間用ドローンの放熱部品

    扱う素材:R2335
    サイズ:300 mm
    工法:SLS
    リードタイム:24 H
    最低精度:±0.20 mm
    航空分野には3Dプリント技術がよく使われている、例えばドローンの放熱部品、形状が複雑で主体と勘合できる程精度必要でSLSを利用して作ったものは思わず精密勘合できました。
  • 小型エアコン筐体部品

    扱う素材:R1110
    サイズ:300 mm
    工法:SLA
    リードタイム:36 H
    最低精度:±0.10 mm
    あるメーカー様には小型エアコン筐体部品の製作依頼いただき、一部は透明品なのでプリント用の透明樹脂で造形したものちゃんと研磨かけて綺麗に出来上がった他にはメーカー様のテストにも満足いただきました。
  • ロボット関節部品

    扱う素材:R2330
    サイズ:200 mm
    工法:SLS
    リードタイム:24 H
    最低精度:±0.10 mm
    ある産業ロボットメーカーからロボットの関節部品の製作依頼を頂きました、高密度の素材を選定し、強度を保証する前提で短納期と軽量化とも叶えました。
  • 小型エアコン

    扱う素材:R2330
    サイズ:300 mm
    工法:SLS
    リードタイム:36 H
    最低精度:±0.10 mm
    あるAI装置メーカーから小型エアコンの機構部品の製作依頼を受託してテストに満足するためSLSの工法を薦めてできたものもテストには満足いただきました。
  • 空調システムのダクト部品

    扱う素材:R1110
    サイズ:1200 mm
    工法:SLA
    リードタイム:36 H
    最低精度:±0.10 mm
    天津の空調メーカーからダクト試作の仕事があって 試作品は長さ1.2m以上、大型SLA造形機を利用して 一体でしかも大分コストと工期を節約できました。